ドレスの選び方講座

完璧な一着に出会うためのドレス選び

まずはイメージしましょう。

あなたは、どんな花嫁さんになりたいですか。

  • ふんわりキュートで可憐な可愛いお姫様
  • 清楚で凛とした大人のイメージ
  • 華麗で洗練されたエレガントなイメージ など

式場や会場の雰囲気と当日の事情を考えます。

  • 建物の雰囲気や照明
  • バージンロードの長さや幅
  • 披露宴会場の入り口から歩くスペース

等、具体的なイメージや当日の事情を考えるとドレスが選びやすくなります。

ドレスの大まかなシルエットを選びましょう

シルエットを大きく分けると4つに分類されます。

プリンセスラインボリュームライン(プリンセスライン)

少女の頃、だれもが憧れた『お姫様ドレス』がこのプリンセスライン。 多くの場合、ウエストにギャザーを入れて膨らませて、裾もボリュームがあるのが特徴です。

AラインAライン

シルエットが数字のAに似ているところからこの名前が付けられました。 上半身からウエストまでは体にフィットさせてすっきり。 裾に向かって大きく広がるエレガントなラインです。

スレンダーラインスレンダーライン

色々なドレスのシルエットの中で一番細身のスレンダードレス。 スレンダーとAラインの中間のソフトスレンダードレスも人気です。

マーメイドマーメイドライン

ヒップからひざの辺りまで体にフィット。裾に向かって大きく広がるシルエットです。 当店では純粋なマーメイドシルエットのほか、少しヒップからひざ部分にゆとりを持たせたソフトマーメイドシルエットもお作りしています。

体型はそれほど関係ありません。どんな体型でも全体のバランスを良くすれば美しく着こなせます。

お顔まわりのデザインを決めましょう

お顔に近い上半身のデザインはドレス姿を美しく決定づける重要なポイントです。

ベアトップ

ベアトップ(ビスチェライン)

胸元・肩・腕を全て出す事で二の腕の太さも気にならず、 デコルテを美しく演出します。
オフショルダー

オフショルダー

首から肩にかけての優美なラインが強調されます。 ベストな袖幅を選べば、気なる二の腕部分を隠せます。
ワンショルダー

ワンショルダー

インパクトある個性派デザインです。 肩から胸元へのラインによってシャープさが変わります。
ワンショルダー

アメリカンスリープ

肩のラインを強調したデザイン。 なで肩やいかり型が目立つ事もあるので、上手に小物を合わせると素敵に着こなせます。
ストラップ

ストラップ

ストラップがあることでベアトップより露出感がなく 胸元の開きやズレの心配がありません。
uネック

Uネック

比較的どのような方にでも似合うデザインです。 露出も少ないので上品なイメージに。
ポートネック

ポートネック

デコルテ部分を隠したデザインなので、胸元が華奢な方に お勧めです。知的で洗練されたイメージに。
Vネック

Vネック

お顔まわりをシャープに見せるデザインです。 衿ぐりの深さによって印象が違ってくるので、ベストなあきをお選び下さい。
ハイネック

ハイネック

デコルテの露出がない分、クラシカルで大人っぽい印象になります。 衿の高さや素材感によってもイメージが変わります。

個性を生かす小物をセレクトして自分らしさを表現しましょう。

ドレススタイルをより完成度の高いものにするために
不可欠アイテムを選びます。

  • ベール
  • グローブ
  • アクセサリー
  • シューズ
  • ブーケ
  • ヘッドドレス

これらのアイテムをバランスよく選んで「自分らしいスタイル」が つくれます。

【例】
  • ボリュームあるドレスには短めのベールをアレンジして バランスを対比させスウィートさを出したり、豪華なロングベールと合わせるときは、ヘアを小さくまとめて 小顔効果を出して下さい。
  • Aラインドレスにはティアラをヘッドにあしらったり、 コサージュを胸元に飾ったりする事で、目線を高くするとよりスレンダーでバランスの良いスタイルに見せることが出来ます。
  • スレンダーラインは、シルエットが寂しくならないよう 豪華なロングベールを合わせ、バックスタイルを華やかにします。

 

仕上げはヘアメイクです。

せっかく選んだ小物を生かすのもヘアメイク次第です。

ドレススタイルに合っていないヘアメイクになると、
それだけで台無しになってしまいます。

あなたの選んだドレスや小物を事前にメイクさんに相談し、
最高のヘアメイクで当日をお迎え下さいね。

ドレスの選び方トップへ